花 ピント合わせ 高崎勉 一眼レフ上達講座 初心者 3ステップで上手くなる 撮り方

MENU

花の撮影はピント合わせが重要

一眼レフで花を撮影する時には、ピントの合わせる位置が重要になりますね。
初心者の方は斜め上から立って撮影しまいがちですが、主にシベ(花芯)に合わせるのが基本です。

 

 

当然、一眼レフで撮りたい花の種類によっては、シベの部分が見えなかったり、他に魅力的な部分もあるかもしれませんが、そのような場合は、最も目立つ部分に合わせると良いでしょう。

 

 

また、花をクローズアップすればするほど、ピントが合った前後の一部だけが鮮明で、それ以外はぼけてしまいます。
したがって、ピントの位置が少しでもずれてしまうとピンボケになってしまうのです

 

 

例えば、花の先端にピントを合わせてしまうと、花の中心がぼけてしまい、その花の持つ魅力的な表情や印象、存在感などが引きだせない写真になってしまうでしょう。

 

 

また、野外で花を撮影する時には良くあるのですが、風で花が揺れている時にシャッターを切ってしまうと、被写体がブレで不鮮明な写真になってしまうので、風がおさまるまで待っなど、一眼レフで撮影するタイミングにも注意が必要です。

 

 

したがって、花の撮影のコツとしては、花が最も美しく見え、引き立つ位置にピントを合わせ、絞りを開けて、前後をぼかして浮き立たせるように撮ると良いでしょう。
クローズアップして撮影する時は、ピンボケやぶれも良くあるので、カメラをしっかり固定して撮るようにしましょう。

 

 

なお、花を色鮮やかに撮るには、曇りの日の光は柔らかく、花を美しく表現するには好都合の光線ですが、色の鮮やかを強調するなら晴天の逆光を選んで撮りましょう。

 

 

コツを掴めば、ただの写真が感動の1枚に生まれ変わります!

 

【カメラ3弾セット】3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座の詳細を見てみる