川 桜の花びら 高崎勉 一眼レフ上達講座 初心者 3ステップで上手くなる 撮り方

MENU

川に流れる桜の花びらを撮る

一眼レフカメラで桜を撮りたいという人も多いものですが、咲き誇る姿だけではなく、花びらそのものも魅力的な被写体になりますね。
何より、舞い落ちた花びらは情緒があって美しく感じるものです。特に川面に桜の花びらで埋め尽くされて流れる様子は幻想的ですよね。

 

 

そんな川に流れる桜の花びらを一眼レフで撮るコツはいくつかあります。
まずは、川面の見え方ですね。寄り引きしなが川面の面積を出来るだけ広げると良いと思います。

 

 

更に、川面の影が濃いと全体的に重たい雰囲気になるのでプラス補正も必要ですし、ホワイトバランス補正でM(マゼンタ)を加えると、桜の花びらがそれらしくピンク色ぽっく仕上がります。

 

 

また、マクロレンズでクローズアップするするのもいいですが、花びらが汚れているものが多いこともあるので、そのような場合は周辺の要素を取り入れて引いて撮影するのも良いですね。
300の広角レンズで更に引いて撮れば、全体的に散り敷かれた花びらを画面一杯に入れ込むこともできますし、カメラアングルを高い位置にすれば川面の面積も増え、より立体感が出ます。

 

 

ただ、これは他の花でも同様ですが、桜は引きであれば順光で撮れますが、寄る場合は花びらが白く飛んでしまいやすいです。
特に桜は白いので気をつける必要があるでしょう。

 

 

その為、緩やかな逆光や日陰を利用し、プラス補正をどちらにしてもしたほうが桜のはなびらが綺麗に撮れるでしょう
なお、川を流れる桜の花びらは、三脚を使い低速シャッターを利用することで、幻想的に流しながら写し撮ることが出来ます。

 

 

日中ならNDフィルターを使えば、光を減らすことで低速が使いやすくなります。
リモートコントロールを使えば手ブレも防げるでしょう。

 

このプロ写真家の高崎勉さんの3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座では、プロカメラマンが、満を持して、本気で初心者のために写真の撮り方を一から教えてくれています。

「最初にここを持って、こういうふうにカメラを構えます」 「次に、こういう時は、このボタンを押して、ここにクルクルっと ダイヤルを合わせてみましょう」という具合に映像で解説をしてくれているので、とっても分かりやすく、これは他の専門書や解説書にはない特徴です。
そして、大切な感性の部分も、「カメラを購入して数週間の初心者でも“感動の一枚”が撮れた!」そのヒミツをご覧いただけます。
今なら、期間限定ですが桜などの花の撮り方講座の特典ついているので、実物ほど綺麗に写せないなど悩みがある方は必見でしょう。(終了の際はご容赦下さい。)

 

自己満足の写真は卒業!感動を与える写真を撮るコツをお教えします!

 

【カメラ3弾セット】3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座の詳細を見てみる