夕焼け撮り方 高崎勉 一眼レフ上達講座 初心者 3ステップで上手くなる 撮り方

MENU

夕焼け撮り方

一眼レフカメラで、夕焼け綺麗に撮りたいと思いませんか?
とは言え、綺麗な夕焼けを撮影しようとしても、実際の見た目と同じ色にならないこともありますね。

 

 

これは、自動で色や明るさを補正してしまっているからです。
その為、美しい夕焼けを見た以上に綺麗に一眼レフで写したいなら、ホワイトバランスを利用することです。

 

 

一般的には昼光モードにしますが、それよりも夕焼けの感じを出すには、「曇り」ないしは「日陰」モードを選んだほうが良いでしょう。
そうすることで温かみのある色合いが加わり、夕焼けらしく写るんですね。(ホワイトバランスの設定で、「曇り」だとオレンジ色が増し、「日陰」だと赤みが増します。)

 

 

また、露出補正はカメラまかせでも構いませんが、写真が明るいと夕焼けらしさが半減するので露出補正で調整して、適当な明るさで撮ると良いです。
ホワイトバランスを変えただけでは夕焼け感がものたりないようなら、露出補正でも色の濃淡が変わるので、マイナス側に補正して暗くしてみましょう。

 

 

色が濃くなりくすんできて、深みのある印象的な空色になります。(プラス側に補正すれば明るくなり色が薄く淡くなってきます。)
そして、夕焼けを主役にして撮るなら、それが伝わりやすいように空の面積を画面内に広くなるように撮影しましょう。

 

 

例えば、海で夕焼けを撮影する場合なら、水平線を画面の中央になるように配置しがちになるものですが、夕焼けを主役にしたいなら空の面積を広めに撮るようにし、人物は点景やシルエットになるように距離を持たせて撮れば、アクセントになり写真が引き締まりますね。

 

 

このように一眼レフで撮影するなら、夕焼け空や風景、人物と広くピントを合わせる為に、F値をやや大きめに設定しましょう。
また、空にピントを合わせる時は、雲に合わせます。
したがって、美しい見た目以上の夕焼けの写真を狙うなら、空に雲が少しある日がお勧めです。

 

 

なお、夕焼けは、撮る時間帯でとっても上手に撮れます。

このプロ写真家の高崎勉さんの3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座では、夕焼けの撮り方はもちろん、知っているだけで上達する「上手に写真が撮れる時間帯」も知ることができ、これまでとは違う、見た目以上の美しい夕焼けを撮ることが出来るようになれるでしょう。

 

プロならではの夕焼けを綺麗に写すポイントをお教えします!

今しか見れない四季折々の感動を写真に残しませんか?

 

【カメラ3弾セット】3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座の詳細を見てみる