オートモード 高崎勉 一眼レフ上達講座 初心者 3ステップで上手くなる 撮り方

MENU

オートモードには限界がある

デジタル一眼レフカメラはとても高機能で、色々な設定をカメラが自動で設定してくれるオート機能を使えば、誰でもそれなりの写真は撮れますね。

 

 

このようにあらかじめ一眼レフに用意されているオートモードやシーンに合わせたモードダイヤルをを使えば、誰にでも失敗することなく撮れます。

 

 

ですが、写真を撮り続けていくと被写体の背景をぼかしてみたいなど、少し変化をつけてみたいと欲求が出てくるものです。
要するに、もう少し自分の味を出して自分しか撮れない写真を撮りたいと思うようになってくるということですね。

 

 

そうなれば、オートやシーンモードに頼ってのカメラ任せでは、誰もが感動するような思い描く写真がなかなか撮れないのです。
その為、シャッタースピードや絞り、ISO感度、ホワイトバランス、露出補正などの微妙な調整が必要になります。

 

 

もちろん、オートモードにすればこれらの設定は自動でカメラがやってくれますが、自分で変更することが出来ないので、撮りたい箇所にピントが合わなかったり、暗いところで上手に撮れなかったりと、便利なようで不都合なことも結構あるのです。

 

 

また、どのメーカーのデジタル一眼レフでも、名称や表記の違いは多少ありますが、露出モードがあります。
P(プログラム)、AもしくはAv(絞り優先)、SもしくはTv(シャッター優先)、M(マニュアル露出)などのモードがあり、シチュエーションによって、モードダイヤルを回して使い分けます。

 

 

例えば、プログラムにすれば、シャッタースピードと絞り値は設定する必要がなく、それ以外の機能は、オートで満足出来ない場合は手動に切り替え、自分で設定を変えられるようになっているなど、少し自由度の高いモードです。

 

 

いずれにしても、オートモードでは撮れる写真には限界があると言えますね。
なお、マニュアル露出モードは、あらゆる設定を自分で決めなくてはいけないので、初心者には少し難しくなりますが、覚えればいつもとはひと味もふた味も違う写真が撮れるようになるので、この機会にマスターすればきっと感動することでしょう。

 

 

プロ写真家の高崎勉さんの3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座DVDでは、機械が苦手な年配の方や女性でも分かりやすく解説してあるので、繰り返し映像を見て学ぶことで、自分の思い描くような感動の一枚が撮れるようになれるでしょう。

 

写真の上達はプロのノウハウを知ることが一番の近道です

 

【カメラ3弾セット】3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座の詳細を見てみる